home

歯が痛い・歯がしみる~一般歯科~|堺市の歯医者「河田歯科」|堺駅南口徒歩1分

  • 診療時間
  • TEL:072-223-1770

虫歯治療・予防

虫歯治療について

虫歯治療について

虫歯とは、プラーク(歯垢)や歯石の中に潜んでいる虫歯菌が、口腔内で糖分を栄養にして酸を出し、歯を溶かすことで起こる病気です。初期段階は自覚症状がほとんどなく、「痛い」「しみる」といった症状が出るころには、虫歯は進行しています。虫歯は初期段階を除いて自然に治ることはありませんので、症状に気づいたら早めに歯科医院を受診しましょう。

虫歯の進み方

虫歯は、以下のように進行していきます。初期段階である【CO:脱灰】は自覚症状がなく、ブラッシングやフッ素塗布などにより自然治癒が可能です。【C1:エナメル質の虫歯】の段階になると、すでに自然に治ることはなく、徐々に痛みや不快な症状が増していきます。重症化した【C3:神経まで達した虫歯】の段階まで放っておくと、抜歯や根管治療の必要があり、治療期間も費用もかさみます。さらに【C4:末期の虫歯】まで進行すれば、抜歯を避けられません。こうならないよう、1日でも早く虫歯治療を開始する必要があります。

スクロールして表の内容を確認できます。

C1:エナメル質の虫歯 C2:象牙質の虫歯 C3:神経まで達した虫歯 C4:末期の虫歯
C1:エナメル質の虫歯 C2:象牙質の虫歯 C3:神経まで達した虫歯 C4:末期の虫歯

※上記画像をクリックすると下記表示が切り替わります。

C1【エナメル質の虫歯】 C1【エナメル質の虫歯】
【症状】
歯の表面(エナメル質)が溶けはじめ、患部が黒ずんできます。痛みなどの自覚症状はあまりありません。
【治療方法】
虫歯になっている部分を削り、レジンで詰めものをします。
C2【象牙質の虫歯】 C2【象牙質の虫歯】
【症状】
歯の内側の象牙質まで虫歯が進行しています。
冷たいものや甘いものなどがしみます。
【治療方法】
虫歯に冒された部分を削り、レジンを詰めて修復します。患部が大きい場合は被せものを使用し、修復する場合もあります。
C3【神経まで達した虫歯】 C3【神経まで達した虫歯】
【症状】
神経のある部分まで虫歯が達した状態です。
激しい痛みを感じるようになります。
【治療方法】
神経が入っている管(根管)から神経を抜く「根管治療」を行います。最後に被せものを取り付け、歯の機能を回復します。
C4【歯の大部分が溶けてしまった虫歯】 C4【歯の大部分が溶けてしまった虫歯】
【症状】
虫歯により神経が死んでしまい、痛みを感じなくなります。放置していると歯の根に膿が溜まり、再び激しい痛みを感じるようになります。
【治療方法】
抜歯になる可能性が高い状態です。抜歯後はブリッジ・ 入れ歯インプラントなどで補います。

予防について

予防について

歯の健康にとって大切なのは、虫歯や歯周病などになってから行う「治療」ではなく、病気を未然に防ぐためのケア――「予防」です。

虫歯や歯周病になってからの「治療」は歯へのダメージが大きく、治療をしても完全に元通りにはできません。通院にかかる時間や費用も増えます。だからこそ、「予防」は「治療」よりも大切です。治療が必要になる前に定期的な予防で、健康な口腔内環境を保ちましょう。

日本と歯科先進国の予防における意識の差

左のグラフは、国別の70歳での平均残存歯数の違いを表したものです。

日本と歯科先進国の予防における意識の差

日本では、70歳での平均残存歯数はわずか8本であるのに対し、歯科先進国であるスウェーデン、米国、英国は、それぞれ20本、17本、15本です。

また、定期的に歯科医院でメンテナンスを受けている人の割合は、スウェーデンは約90%、米国は約80%、英国は約70%であるのに対して、日本はたった2%です。これらの調査結果により、歯科先進国と日本では歯科予防に対する意識に大きな差があることがわかります。高齢になっても多くの歯を残すためには、歯科先進国のように予防ケアの意識を高めていくことが重要なのです。

予防処置のご紹介

堺市の歯医者「河田歯科」では、虫歯・歯周病を予防し、健やかな口腔内環境を保つために、以下のような予防メニューをご用意しています。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

ハブラシは毎日使うお口の健康を守る大変有効なケアグッズです。たくさんの歯ブラシが売られていますね。
柔らかいもの、コシのあるもの、大きいもの、小さいもの、毛先が丸くなっているもの、とても細くなっているものなど工夫が凝らされています。あなたのお口に適した歯ブラシをお使いでしょうか?
年齢や口腔内の状態に合わせたお口に合った歯ブラシをお選びします。
また、みがき方も大切です。正しいブラッシング法が身に付けられるよう指導します。小さなお子様がいらっしゃる親御様には、仕上げみがきや口腔内チェックの仕方などをアドバイス致します。

PMTC

PMTC

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)とは、毎日のブラッシングでは落としきれないプラーク(歯垢)や歯石、着色汚れなどを、専用の器具を使ってクリーニングする歯科処置のことです。歯と歯の間や歯と歯ぐきの溝にあるプラークや歯石をキレイに取り除くことで、虫歯や歯周病を予防できます。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には、歯質を強くし虫歯になりにくくする効果があります。フッ素を歯の表面に塗布することで、虫歯になりにくい丈夫な歯にすることができます。

噛み合わせの確認

噛み合わせが乱れ、歯と歯が重なっている部分があるとブラッシングが難しくなり、虫歯や歯周病が起こりやすくなります。また、噛み合わせの乱れが全身のゆがみを招くことも。噛み合わせに問題がないか確認し、問題があれば適切な治療を行います。

診療予約はこちらから当院はご来院の方々をお待たせしないよう、予約制となっています。診療予約はお電話にて受け付けております。072-223-1770 受付時間(月~金)9:30~12:30、14:30~18:30 (土曜日)9:30~12:30 休診日 土曜日午後 日曜 祝日