虫歯治療・根管治療

  • TOP
  • 虫歯治療・根管治療

GENERAL

なるべく削らない 虫歯治療・根管治療について

飲んだり食べたりすると歯がしみる。歯が痛い。それは“むし歯”が進行しているサインかもしれません。 虫歯治療は早期発見・早期治療が大切。たとえ進行していても、治療を開始することで、歯を残せる可能性があります。 堺市堺区の【医療法人 河田歯科】では、できる限り患者様のご負担を軽減できるように、なるべく痛みを抑えた治療を行っています。 また患者様ご自身が納得されるまで治療をスタートすることはありません。安心してまずはご相談ください。

当院の虫歯治療について

当院の虫歯治療について

むし歯はごく初期の段階を除けば、放置していてそのまま自然に治ることがありません。症状に気づいたら早めに歯科医院を受診しましょう。

“できるだけ痛みの少ない治療”を実現させるために

表面麻酔
特長1
麻酔注射をする場所にまずは表面麻酔を塗布し、針が刺さるときのチクッする痛みを和らげています。これにより、麻酔注射の痛みをほとんど感じずに済みます。
極細の注射針
特長2
電動注射器
特長3
麻酔注射をする場所にまずは表面麻酔を塗布し、針が刺さるときのチクッする痛みを和らげています。これにより麻酔注射の痛みをほとんど感じずに済みます。 麻酔注射の際には、非常に細い針を使用。極細の注射針を使うことで、注射時の痛みを和らげています。 一定の圧力・速度で麻酔液を注入できるため、手で行うときのような押圧変更による手ぶれがなく、麻酔液を注入するときの痛みを軽減できます。
電動注射器
特長3
一定の圧力・速度で麻酔液を注入できるため、手で行うときのような押圧変更による手ぶれがなく、麻酔液を注入するときの痛みを軽減できます。

患者様の歯を“なるべく削らない治療法”を採用しています

患者様の歯を“なるべく削らない治療法”を採用しています

患者様の治療データ、検査データをビジュアル化して管理しています

患者様の治療データ、検査データをビジュアル化して管理しています

唾液検査(むし歯、歯周病リスクがわかる)を導入しています

唾液検査(むし歯、歯周病リスクがわかる)を導入しています

費用 : 1,890円(税別)

虫歯の進行具合をご存知ですか?

先に申し上げた通り、むし歯は放っておいて自然に治ることがありません。放置すればするほど、症状は進んでいきます。そのため早期発見・早期治療が非常に重要ですが、むし歯のごく初期の段階では自覚症状がないため、症状に気づいたときには「すでに症状が進行していた……」というケースも。気になるほどの痛みが出ている場合は、すでにむし歯が歯の内部にある神経にまで達している可能性もあり、そうなると通常の「削って詰める」だけの治療ではなく、「根管治療」という神経をとる治療が必要になります。さらに進行すれば、歯の大半がむし歯で溶かされてしまい、最終的には抜歯を検討しなくてはなりません。そうなる前に、なるべく早い段階でむし歯に気づき、治療を受けることが大切です。

進行段階 状態 治療法

C1【エナメル質の虫歯】

虫歯の進行具合をご存知ですか?
虫歯菌により、歯の表面のエナメル質が溶けはじめた状態。患部が黒ずんで見えますが、痛み、しみるなどの自覚症状はほとんどありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)の詰め物で補います。

C2【象牙質に達した虫歯】

虫歯の進行具合をご存知ですか?
エナメル質の下にある象牙質まで虫歯菌に冒されています。甘い物、冷たい物がしみる、痛みがあるなどの自覚症状があらわれはじめます。 虫歯に冒された部分を削り、詰め物で補います。削る範囲が大きい場合は、かぶせ物で補います。

C3【神経に達した虫歯】

虫歯の進行具合をご存知ですか?
虫歯が神経にまで達し、平常時でもズキズキ痛むようになります。 虫歯菌に冒された歯の神経をとり除き、根管を洗浄・消毒してから薬剤を詰める「根管治療」を行います。根管治療後、かぶせ物で補います。

C4【歯根に達した虫歯】

虫歯の進行具合をご存知ですか?
虫歯菌によって歯が溶かされ、歯の大半が失われた状態。神経が死んでいるため痛みはありませんが、歯の根に膿がたまると炎症を起こし、再び激しい痛みが生じます。 この段階では、ほとんどの場合が抜歯を余儀なくされます。抜歯後は、入れ歯やブリッジ、インプラントなどの治療を行って、歯の機能を回復します。

GENERAL

重度の虫歯でもなるべく残せる歯は残す治療

医療法人河田歯科では、患者様ご自身の歯をできるだけ長く残していけるように“なるべく削らないむし歯治療”を行っています。しかし、むし歯が進行して歯の中の管(根管)に入っている神経にまで達すると、神経を取り除いてキレイに洗浄する「根管治療」が必要になります。進行したむし歯でも、根管治療を行えば歯を残す治療が可能です。当院では①診断、②技術、③最新設備など根管治療に先端の設備と技術を用いて丁寧に精密治療を実践しております。

根管治療とは

根管治療とは

歯の中には神経や血管が通っている管があり、これを根管と言います。むし歯や外傷などによって歯の神経が死んでしまった場合には、神経を取り除き、根管をキレイに洗浄しなくてはなりません。ただ、根管に細菌や汚れが残ると、むし歯の再発や別の病気の原因となってしまいます。根管は非常に複雑な形をしており、キレイに洗浄するのは簡単ではありません。そのため、根管治療には歯科医師の高い技術力が求められます。

根管治療ではまず歯を削って根管を露出させ、神経や膿を取り除いてから消毒を行います。その後、充填剤(薬剤)を隙間なく注入し、細菌感染を防ぐためにしっかりと密閉します。

こんな方は要注意! 根管治療が必要かもしれません

虫歯が進行して、かなり痛い
特長1
神経まで虫歯菌に冒されている可能性があり、根管治療により神経をとる必要があります。
咬み合わせたときに痛むようになった
特長2
神経まで虫歯菌に冒されている可能性があり、根管治療により神経をとる必要があります。 進行したむし歯や、打撲などの外傷の影響で歯の神経が死んだ場合、細菌感染により咬んだときに痛みが出ることがあります。
歯茎に膿が溜まっている、腫れて痛い
特長3
歯の神経が死んだことにより細菌が繁殖し、膿の袋ができている可能性があります。
歯茎に白いできものができた
特長4
歯の神経が死んだことにより細菌が繁殖し、膿の袋ができている可能性があります。 歯の根の先に膿が溜まると、これが白いできもののような形で出てくることがあります。膿が出てしまうと消えますが、また膿が溜まるとできものが現れます。

「重度の虫歯でも残せる歯はなるべく残す治療」を支える器材

歯科用CT ヨシダ社製トロフィーパンオシリス

歯科用CT ヨシダ社製トロフィーパンプラス歯科用CT ヨシダ社製トロフィーパンプラス

従来のレントゲンでは2次元の画像しか得られず、病状を把握するには不十分でした。歯科用CTではコンピュータを用いてデータ処理を行うことで、3次元の立体画像や断面画像によって口腔内の神経や血管の走行位置など、精度の高い根管治療に欠かせない情報を把握することができます。当院では歯科用CTの中でも被ばく量が少ないヨシダ社製トロフィーパンプラスを導入しております。

歯科用拡大鏡 歯科用拡大鏡 根管内部は複雑な形状をしており、肉眼では見えない部分があります。そこで当院では高倍率ルーペを活用し、細部まで目視しながら治療することで根管治療の精度を高めています。 NiTiファイル
歯科用拡大鏡 NiTiファイル
根管内部は複雑な形状をしており、肉眼では見えない部分があります。そこで当院では高倍率ルーペを活用し、細部まで目視しながら治療することで根管治療の精度を高めています。 根管内を削ったり、汚れを除去したりする際に使用する器具です。当院では、従来のスチール製と比較して、よりしなやかさのあるニッケルチタン製のものを採用しています。しなやかな分、根管の奥までキレイに汚染部位を除去することができ、根管内を傷つけるリスクも軽減できます。
ラバーダム 治療する歯を中心として、お口の中全体にゴムでできたシート(ラバーダム)を張ります。これによって唾液が治療中の歯に入ることがなくなり、治療中の細菌感染を予防できます。 隔壁
治療する歯を中心として、お口の中全体にゴムでできたシート(ラバーダム)を張ります。これによって唾液が治療中の歯に入ることがなくなり、治療中の細菌感染を予防できます。 ラバーダムに加え、当院では歯にコンポジットレジンなどの材料により壁を作る処置「隔壁」を採用しています。これにより、さらに治療中の細菌感染のリスクを軽減することができます。

根管治療の流れ

神経を除去する

神経を除去する

歯を削って根管を露出させ、虫歯菌に冒された神経や血管を取り除きます。

根管を洗浄・
消毒する

根管を洗浄・消毒する

管内をキレイに洗浄して消毒。細菌を徹底的に取り除きます。

根管に薬剤を充填する

根管に薬剤を充填する

薬剤を充填し、フタをしてきっちりと密閉します。密閉することで、根管内の細菌感染を防ぎます。

被せ物(クラウン)を
装着する

被せ物(クラウン)を装着する

土台を入れた後、かぶせ物をして治療終了です。

PICKUP

最新デジタルスコープ ネクストビジョン

最新デジタルスコープ ネクストビジョン

当院では最新設備のひとつとして、ネクストビジョンという口腔内カメラと顕微鏡の機能を兼ね備えたデジタルマイクロスコープを導入しています。

4K画質で80倍、2K画質で最大30倍まで拡大可能で、歯面や根管の状態をより大きく、細部まで鮮明な画像で撮影できます。

また、3軸機構を採用、カメラ部を自在にポジショニング可能であり、幅広い被写界深度機能により、有効な焦点範囲が広いため患者さまにもストレスなく治療を行える機材となっています。

PICKUP

当院ではチーム医療を掲げ、スタッフ全員で患者様の健康をお守りします

当院ではチーム医療を掲げ、スタッフ全員で患者様の健康をお守りします

当院は堺市で30年以上、総合歯科医院としてご来院いただいた患者様をサポートさせていただいております。歯の事でお悩みごとなどございましたら、スタッフと連携して築いてきた豊富な実績と最新設備を兼ね備えた河田歯科にぜひ一度ご相談ください。スタッフ一同、患者様の笑顔のために最善の治療法をご提案いたします。

トップに戻る