インプラントオーバーデンチャー

  • TOP
  • インプラントオーバーデンチャー

DENTURE-PRICE

インプラント×入れ歯という治療の選択肢もあります

歯を失ったときに行う治療法として非常にポピュラーな入れ歯治療。 そして、自然な咬み心地を回復できることから近年多くの方に選ばれるようになったインプラント治療。 この2つの治療方法をかけ合わせた治療法が「インプラントオーバーデンチャー」です。 インプラントによって固定するため入れ歯を安定させることができます。堺市の歯医者【医療法人 河田歯科】が、その治療内容を詳しくご説明します。

入れ歯を安定させるインプラントオーバーデンチャー

入れ歯を安定させるインプラントオーバーデンチャー

歯を失うと避けられないのが顎の骨が痩せてしまうこと。歯が抜けた後も長期間に渡って徐々に顎の骨は痩せ続けるため、入れ歯を安定させることが徐々に厳しくなっていきます。そこで、入れ歯が安定せずに困っている方へ推奨する治療方法がインプラントオーバーデンチャーです。

こんなお悩みの方にインプラントオーバーデンチャーをおすすめします

入れ歯が外れやすく、 しっかりと咬めない

歯がなくなって咬む力が弱くなると、顎へ適切な刺激が伝わらなくなるために、顎の骨が痩せ細っていきます。そして顎の骨が退化すると、入れ歯が合わなくなったり、安定しなくなったりします。インプラントオーバーデンチャーならしっかりと入れ歯を固定でき、また咬む力も向上させられます。

入れ歯を長期間使用しており、顎の骨が減少している

入れ歯を長く使用されてきた患者様は、それだけの歯茎が痩せており、顎の骨が退化していることが多くあります。こういった場合、インプラント治療を受けても顎の骨が元の状態に戻るわけではありません。その分、歯を長く設計する必要があり、審美的な回復ができないことが多々あるのです。そのため、通常の入れ歯よりも、小型で快適な入れ歯をつくり、インプラントを入れ歯の固定源として使用することをおすすめします。

インプラントの外科処置を必要最低限に留めたい
歯がなくなって咬む力が弱くなると、顎へ適切な刺激が伝わらなくなるために、顎の骨が痩せ細っていきます。そして顎の骨が退化すると、入れ歯が合わなくなったり、安定しなくなったりします。インプラントオーバーデンチャーならしっかりと入れ歯を固定でき、また咬む力も向上させられます。 入れ歯を長く使用されてきた患者様は、それだけの歯茎が痩せており、顎の骨が退化していることが多くあります。こういった場合、インプラント治療を受けても顎の骨が元の状態に戻るわけではありません。その分、歯を長く設計する必要があり、審美的な回復ができないことが多々あるのです。そのため、通常の入れ歯よりも、小型で快適な入れ歯をつくり、インプラントを入れ歯の固定源として使用することをおすすめします。

インプラントオーバーデンチャーは、インプラントだけで咬む力を支えるのではなく、歯茎に一部を負担させます。そのため、インプラントは通常の固定式インプラントに使うサイズのものよりも細くて短いものが使用可能です。その結果、骨造成や歯肉移植などの外科的侵襲は少なくて済みます。また、使用するインプラントの本数が少ないため、費用が抑えられることも大きなメリットです。

インプラントオーバーデンチャーのメリットとデメリット

インプラントオーバーデンチャーのメリット
入れ歯と比較すると
  • 入れ歯が安定し、食事や会話でストレスを感じることが少ない
  • 外れたりズレたりすることがほとんどなくなる
  • 歯茎への負担を軽減でき、顎の骨の退化を抑えられる
  • 入れ歯を小さく設計し、違和感を軽減できる
インプラントと比較すると
  • 入れ歯が安定し、食事や会話でストレスを感じることが少ない
  • 外れたりズレたりすることがほとんどなくなる
  • 歯茎への負担を軽減でき、顎の骨の退化を抑えられる
  • 入れ歯を小さく設計し、違和感を軽減できる
  • 使用するインプラントの本数が少なく、費用が抑えられる
  • 外科手術の範囲が最小限で済み、体への負担が少ない
  • 患者様自身で着脱ができるため、お手入れが容易
インプラントオーバーデンチャーのデメリット
入れ歯と比較すると
  • インプラントを埋入する外科手術が必要で、費用と体への負担が増える
  • インプラントにかかる負担をバランス化するために、設計の工夫が必要になる
インプラントと比較すると
  • インプラントを埋入する外科手術が必要で、費用と体への負担が増える
  • インプラントにかかる負担をバランス化するために、設計の工夫が必要になる
  • 入れ歯とインプラントそれぞれのお手入れが必要
  • 入れ歯より違和感は小さくなるものの、ゼロにはならない

当院で扱うインプラントオーバーデンチャー

オーリングアタッチメント オーリングアタッチメント

インプラントにボール状の突起がついたものを固定し、その突起に合うボタンのようなものを入れ歯の内面に取り付け安定させます。着脱しやすく、お手入れも簡単なインプラントオーバーデンチャーです。

マグネットアタッチメント

オーリングアタッチメント

マグネットアタッチメント

インプラントにボール状の突起がついたものを固定し、その突起に合うボタンのようなものを入れ歯の内面に取り付け安定させます。着脱しやすく、お手入れも簡単なインプラントオーバーデンチャーです。

インプラント側と入れ歯側に専用の磁石を固定し、磁力で義歯を安定させます。着脱が簡単で、着脱時のインプラントへの負担も軽減できるタイプのアタッチメントです。

イクウェーターアタッチメント イクウェーターアタッチメント

インプラントに特殊な形状のアタッチメントを装着して、入れ歯の内面にはイクウェーターと呼ばれる金属フレームを埋め込みます。そのフレーム内に特殊なゴムを入れて、義歯を安定させます。ゴムの硬さを変えることで、義歯の維持力を調整できることが特徴です。

ミニインプラント

オーリングアタッチメント

ミニインプラント

インプラントに特殊な形状のアタッチメントを装着して、入れ歯の内面にはイクウェーターと呼ばれる金属フレームを埋め込みます。そのフレーム内に特殊なゴムを入れて、義歯を安定させます。ゴムの硬さを変えることで、義歯の維持力を調整できることが特徴です。

入れ歯を安定させるために下顎の骨に直径2.0~2.5mmのチタン製のインプラントを植立する治療法です。通常のインプラントとは異なり、入れ歯を安定させるための装置としてつくられたミニインプラントを使用します。特に総入れ歯が動くことで困っている方におすすめです。

インプラントオーバーデンチャーのメンテナンス

インプラントオーバーデンチャーのメンテナンス

インプラントオーバーデンチャーは入れ歯を簡単に取り外せるために、固定式インプラントよりも容易にメンテナンスを行うことができます。 固定式インプラントは歯肉との境目周辺が複雑な形態になっているため、特殊な器具がなければ取り外しできないケースも少なくありません。しかし、インプラントオーバーデンチャーは、入れ歯を取り外して清掃でき、構造も比較的シンプルなのでメンテナンスの手間を省くことができます。

PICKUP

当院ではチーム医療を掲げ、スタッフ全員で患者様の健康をお守りします

当院ではチーム医療を掲げ、スタッフ全員で患者様の健康をお守りします

当院は堺市で30年以上、総合歯科医院としてご来院いただいた患者様をサポートさせていただいております。歯の事でお悩みごとなどございましたら、スタッフと連携して築いてきた豊富な実績と最新設備を兼ね備えた河田歯科にぜひ一度ご相談ください。スタッフ一同、患者様の笑顔のために最善の治療法をご提案いたします。

トップに戻る