当院のインプラント治療について

  • TOP
  • 当院のインプラント治療について

IMPLANT

インプラント治療の考え方

むし歯や歯周病、外傷などで歯を失った場合、以前は入れ歯やブリッジなどで歯の機能を回復する治療法しか選択肢がありませんでした。 しかし現在ではインプラント治療というもう一つの治療法が普及し、選択肢が広がっています。 インプラント治療は自然な咬み心地を取り戻せる治療法です。 こちらでは当院がご提案する安心で、安全なインプラント治療の特長をご紹介します。

失った歯の機能を取り戻しお口の健康を守るインプラント治療

失った歯の機能を取り戻しお口の健康を守るインプラント治療

「もう一度、自分の歯のような咬み心地で食事を楽しみたい・・・」
もしそうお考えなら、インプラント治療があります。

インプラント治療とは、歯を失った箇所の顎の骨に、チタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上にセラミック製の人工歯を被せる治療法のこと。
チタンは骨との結合性に優れており、しっかり固定されるため固い物でも問題なく咬むことが可能。まるで自分の歯を取り戻したかのように、快適な食事を楽しむことができます。

インプラントで咬む力が回復すると、しっかり咬めることで、肉などのタンパク質が食べられるようになり、表情筋も回復し、表情も豊かになっていきます。質の高い豊かな生活を取り戻すことができる治療法なのです。

安心・安全な治療を最優先に、お口全体のバランスを考えた治療

安心・安全な治療を最優先に、お口全体のバランスを考えた治療

安心、安全な治療を最優先にお口全体を考え、インプラント治療、入れ歯、咬み合わせを組み合わせた総合治療を行ってます。そのためには、先端の知識、高度な技術力、経験が欠かせないのは当然のこと。さらに、感染予防対策、医療設備、医療器具、外科処置等、徹底した治療環境を整えています。

歯を失ってしまった原因がさまざまであるように、最適な治療方法も患者様によって異なります。そのため当院では、インプラント治療を前提に治療を勧めるのではなく、患者様のご希望をしっかりと伺い、お一人おひとりのお口の状態をあらゆる面から正確に診断し、その上で最善の治療方法をご提案いたします。

当院の方針へ

総合歯科治療を提供するメリット

コーディネーターによるヒアリング

インプラントは患者様にとってメリットの多い治療法であり、河田歯科では安心で安全なインプラント治療をご提案しております。しかし、インプラント治療だけが唯一の選択肢というわけではありません。インプラント治療を選択しなくても、入れ歯やインプラント併用義歯などでご要望を十分に満たせる場合もあります。

30年の実績と経験 30年の実績と経験

インプラント治療では、患者様の顎の骨の状態や歯並びなど、さまざまな条件を踏まえた上で的確かつ精密な治療を行うことが非常に重要です。お一人おひとりに合わせた治療を行うには医師の高い技術が求められますが、当院には30年にわたり患者様の治療にあたってきた実績と経験があり、その中で培ったノウハウを駆使した治療が可能です。

特にインプラント治療に力を入れて取り組んでおりますので、安心してご相談いただけます。

顎の骨が少ない人に対する治療法があります 顎の骨が少ない人に対する治療法があります

インプラント治療では顎の骨にインプラントを埋入し、その上に人工歯を装着します。そのため、歯周病などで顎の骨が溶かされて骨量が不十分な場合には、インプラント手術を行えないことがあります。当院ではそういったケースでも、骨移植や骨造成によって、十分な骨量を確保する治療法にも対応です。

まずは患者様お一人おひとりの状態をしっかりと把握して、その上で最適な治療法をご提案いたします。他院で治療は無理だと言われた方も、ぜひ一度当院にご相談ください。

感染予防対策に
力を入れています
30年の実績と経験 顎の骨が少ない人に対する治療法があります

感染予防対策に力を入れています

インプラント治療では、患者様の顎の骨の状態や歯並びなど、さまざまな条件を踏まえた上で的確かつ精密な治療を行うことが非常に重要です。お一人おひとりに合わせた治療を行うには医師の高い技術が求められますが、当院には30年にわたり患者様の治療にあたってきた実績と経験があり、その中で培ったノウハウを駆使した治療が可能です。

特にインプラント治療に力を入れて取り組んでおりますので、安心してご相談いただけます。

インプラント治療では顎の骨にインプラントを埋入し、その上に人工歯を装着します。そのため、歯周病などで顎の骨が溶かされて骨量が不十分な場合には、インプラント手術を行えないことがあります。当院ではそういったケースでも、骨移植や骨造成によって、十分な骨量を確保する治療法にも対応です。

まずは患者様お一人おひとりの状態をしっかりと把握して、その上で最適な治療法をご提案いたします。他院で治療は無理だと言われた方も、ぜひ一度当院にご相談ください。

インプラント埋入手術は、他の患者様のいない環境でクリーンに実施しています。当然のことですが、診療機器や器具など患者様に触れる可能性があるものは滅菌処理を施し、滅菌パックにて保存。徹底的な衛生管理をすることで高度な滅菌レベルを維持しております。

また、材質上滅菌できないものについては、ディスポーザブル(使い捨て可能)なものを採用し、患者様ごとに取り替えております。

歯科医師の技術力を支える充実の設備

最新医療機器 高性能CT導入 ヨシダ社製トロフィーパンスマートオシリス3D

最新医療機器 高性能CT導入 ヨシダ社製トロフィーパンプラス

インプラント治療は、顎の骨の条件(幅・密度・深度)に左右され、患者様の状態によっては、インプラントの植立本数や植立部位に限界がある場合もあります。そのため、治療計画をたてる際には、顎の骨の状態を正確に調べることが重要。精密なインプラント治療においては、CT診断が不可欠です。

PICKUP

被爆線量は最小限に抑えています

被爆線量は最小限に抑えています

インプラント治療の精度を高めることはもちろん、当院では「患者様にとって安全な治療であるかどうか」も最優先事項の一つとしています。安全で無理のないインプラント治療を実現するために、世界各国で販売されている歯科専用CTの中でも、被曝線量を最小限に抑えられるヨシダ社製歯科専用CTを導入。併せて、徹底した院内感染対策、外来環の認定取得など、より安心で安全な治療をご提供できる体制を整えています。

超音波振動による痛みの少ない手術器具”ピエゾサージェリー”

超音波振動による痛みの少ない手術器具ピエゾサージェリー

全身状態を管理しながら治療が可能に【生体情報モニター】

全身状態を管理しながら治療が可能に【生体情報モニター】

インプラントなどの外科処置を行う際や、血圧あるいは内科的な疾患のある方の全身状態を確認するためのモニター装置です。血圧、脈拍、動脈血酸素飽和度などをモニタリングしながら、治療を進めることができます。

肉眼では見えない緻密な治療が可能に【歯科用拡大鏡】

肉眼では見えない緻密な治療が可能に【歯科用拡大鏡】

PICKUP

歯周病の改善から始める場合もあります

歯周病の改善から始める場合もあります

当院では、すぐにインプラント手術は行いません。成功率を上げるために、必要に応じてまずは歯周病の改善からスタートします。と言うのも、お口の環境を少しでも健康な状態に誘導することで、インプラント治療後のトラブルも減少するためです。

インプラントを希望される方の中には、歯周病で歯を失った方が少なくありません。しかし、歯周病が改善されない状態で「すぐにインプラント」といった考え方はとても危険。インプラント治療では、まず歯周病をコントロールすることが不可欠です。

今までの天然の歯と同様の咬む力を手に入れましょう

今までの天然の歯と同様の咬む力を手に入れましょう

保険を利用して治療する入れ歯やブリッジは、比較的安価で治療が可能です。しかし、見た目や咬み心地で不利なほか、周囲の健康な歯に深刻なダメージを与えるというデメリットもあります。

残った健康な歯を守るためのインプラントでもあります

残った健康な歯を守るためのインプラントでもあります

むし歯や歯周病といった歯の病気、事故などで歯を失ってしまった場合、補綴治療(ほてつちりょう)と呼ばれる、歯の機能を補う治療を行います。その補綴治療の代表的なものとして挙げられるのが、入れ歯やブリッジといった治療法ですが、これらの治療は周囲の健康な歯に深刻なダメージを与えるというデメリットもあります。

インプラントのメリット・デメリット

メリット
  • 天然の歯と同じような感覚を取り戻せる
  • 審美性に優れる
  • 健康な歯を削らずに済む
  • 他の歯に負担がかからない
デメリット
  • 天然の歯と同じような感覚を取り戻せる
  • 審美性に優れる
  • 健康な歯を削らずに済む
  • 他の歯に負担がかからない
  • 外科手術が必要
  • 治療期間が長い
  • 症例によっては適用外となる場合がある
  • 定期的なメンテナンスが必要
  • インプラント周囲炎になると除去しなくてはいけなくなる事もある

インプラント・入れ歯・ブリッジの比較

インプラント インプラント 人工の歯根を顎の骨に植立し、その上に人工の歯を取り付けるため、残った歯に負担をかけません。また、顎の骨と直接結合することで、天然歯のような「咬みしめ感」は得られないものの、天然の歯と同じように物を咬んだり、話したりすることができます。 部分入れ歯 部分入れ歯 金属製のバネを健康な歯に引っかけて支えることで固定・装着する入れ歯です。入れ歯が歯肉に載っているだけという状態のため、咬むたびにその力が歯肉に伝わることが特徴です。そのため、咬む力は天然歯の30%回復できれば精一杯と言われています。 ブリッジ
インプラント 部分入れ歯 ブリッジ
人工の歯根を顎の骨に植立し、その上に人工の歯を取り付けるため、残った歯に負担をかけません。また、顎の骨と直接結合することで、天然歯のような「咬みしめ感」は得られないものの、天然の歯と同じように物を咬んだり、話したりすることができます。 金属製のバネを健康な歯に引っかけて支えることで固定・装着する入れ歯です。入れ歯が歯肉に載っているだけという状態のため、咬むたびにその力が歯肉に伝わることが特徴です。そのため、咬む力は天然歯の30%回復できれば精一杯と言われています。 健康な歯を支えとして橋のように人工歯をかぶせる治療法で、ある程度の咬む力(70%程)回復できます。ただし、ブリッジを支える他の歯に負担がかかってしまうため、支える歯には時間が経過するほどダメージが蓄積していきます。また治療の際には、ブリッジをかけるために隣の歯を削る必要があります。

PICKUP

認知症にならないために、咬めるようになりましょう

厚生労働省が65歳以上の人を対象に2003年から4年間にわたって行った調査により、「自分の歯がほとんどなく、入れ歯を使っていない人」が認知症になるリスクは、「歯が20本以上残っている人」に比べて1.9倍も高いことがわかりました。また、食べ物を「あまり咬めない」と答えた人は「何でも咬める」と答えた人よりも同様のリスクが1.5倍高いという結果も出ています。認知症リスクを軽減するという意味でも、失ってしまった歯を放置せず、早めに機能を回復することはとても重要です。

PICKUP

歯を1本でも失うと危険です

歯を1本でも失うと危険です

歯を1本失ったとします。すると、次第に歯の無い方向へ隣の歯が倒れてきたり、失う前に咬み合っていた歯が、歯の無い方向へ伸び出してきたりします。そうなると、咬み合わせた時におかしな当たり方をして、歯周病をさらに悪化させる原因になったり、顎の関節に異常がでたり、肩こりの原因になったりします。

PICKUP

当院ではチーム医療を掲げ、スタッフ全員で患者様の健康をお守りします

当院ではチーム医療を掲げ、スタッフ全員で患者様の健康をお守りします

当院は堺市で30年以上、総合歯科医院としてご来院いただいた患者様をサポートさせていただいております。歯の事でお悩みごとなどございましたら、スタッフと連携して築いてきた豊富な実績と最新設備を兼ね備えた河田歯科にぜひ一度ご相談ください。スタッフ一同、患者様の笑顔のために最善の治療法をご提案いたします。

トップに戻る