home

子供の歯が気になる~小児歯科~|堺市の歯医者「河田歯科」のオフィシャルサイト

  • 診療時間
  • TEL:072-223-1770

小児・矯正

小児歯科について

堺市の歯医者「河田歯科」では、生涯にわたり健康なお口を保つためには小さいころから適切な口腔内ケアを行い、自分で歯の健康を守る習慣を身に付けることが大切だと考えています。特に、乳歯は永久歯に比べ歯質が弱く虫歯になりやすいため、丁寧な口腔ケアが必要です。

当院では、親御様と連携をとりながら、お子様の成長段階に合わせた最適なケアをご提案しています。ご自宅でのケアに加えて、定期的に小児歯科に受診し適切なケアを受けましょう。

お子様を虫歯にさせないために

お子様を虫歯にさせないために

小さいお子様は口腔内に異変があっても自分で気付くことができず、自分で十分なケアをすることもできません。ご自分の口腔内をしっかりケアできないお子様には、親御様のサポートが必要不可欠です。日ごろから親御様がお子様の口腔内をよくチェックし、仕上げみがきなどで適切なケアをしてあげましょう。

小児歯科予防メニュー

ブラッシング指導

ブラッシング指導

年齢や口腔内の状態に合わせた歯ブラシの選び方やみがき方など、お子様が正しいブラッシング法を身に付けられるよう指導します。また、親御様には、仕上げみがきや口腔内チェックの仕方などをアドバイスします。

シーラント

シーラント

奥歯の溝にレジン(歯科用プラスチック)を詰め、虫歯を予防する処置です。やわらかく溝が深い子供の乳歯や6歳臼歯に、効果を発揮します。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には歯質を強くし虫歯になりにくくする効果があります。フッ素を歯の表面に塗布することで、虫歯になりにくい丈夫な歯にすることができます。

過剰歯の抜歯

過剰歯の抜歯

本来の歯の本数以上に生えてきた歯のことを「過剰歯」と言います。過剰歯は、歯並びを乱すリスクがあるため、早めの抜歯をおすすめしています。

ムーシールド

ムーシールド

ムーシールドとは、マウスピース型の矯正装置のことです。お子様の受け口の治療の際に使用します。就寝時に装着することで症状の改善を図ります。


歯並び指導

お母さんからのプレゼント いい歯並び・引き締まった口元は、いい食べ方&いい姿勢がつくる!

歯並びや美しい口元は生まれつきや遺伝だけで決るものではありません

歯並びは 噛む力、お口の周りの筋肉、舌の力,姿勢によっても大きく影響をうけます。

歯並びに影響を与える要因の1つ ー食べ方・舌の使い方

赤ちゃんがおっぱいを吸うのは本能で、反射行動の一つです。ところが食べることは、お口の中で食べ物を細かく砕き唾液と混ぜ合わせて、それを舌でうまくまとめ、お口の奥に運び、飲み込むという一連の動作で、くり返しの学習で習得していくものです。ですから、離乳食は「食べさせる」ものではなく「自分でたべられるようになる発達過程をサポートすること」です。

「自分で正しく食べられるようになる」ための食べさせ方

スプーンで食べ物を流し込んでばかりいると唇や舌の動かし方が学習できず、間違った癖がついた舌の動かし方となってしまい、舌や唇の機能が発達しません。

食べ物を食べるという動作は舌や唇、顎の機能を発達させます。舌が離乳食を上あごに押しあてる力や、飲み込む力はお口の成長を促す一因となります。

下唇の上にスプーンをのせ、上唇を閉じて食べ物を取り込むまで待ちます。

スプーンからごくんと飲み込むのを確認してから引きぬきます。

気になりませんか? お気軽にご相談ください

□ ポカンと口をあけている
□ お口呼吸をしている
□ 会話時に舌が突出する
□ 食事を呑み込む時舌が突出する
□ 食事の時クチャクチャと音がする
□ 飲み物で流し込むように食べる
□指しゃぶり(2、3歳以降)
□爪かみ癖
□頬づえをつく
□猫背
□顎を突き出している

 

必要な力が入る補助板のついた椅子で

顎の成長は舌の力よっても影響されます。飲み込むときに力が入らないと、舌に力が入らず歯や口蓋に押しあてる力が弱くなります。そうなると、お口の中が広がらず、大人の歯が生えるスペースが確保されないで、歯並びが悪くなる一因となるのです(>_<)

足が床や補助板につくことで、舌を上あごや歯に押しあてて食べ物を飲み込む時に、必要な力が入りやすくなります。足がしっかりつく椅子で食べましょう。

<参考文献>

  1. Morris.S.E 金子 芳洋訳 摂食スキルの発達と障害 医歯薬出版
  2. 外木徳子:歯と体の発達に合わせた赤ちゃんと幼児のごはん
  3. 清水清恵 0歳からの口腔機能育成とストレスのない咬合誘導をめざして

 

矯正歯科について

「歯が凸凹に生えている」「出っ歯が気になる」「歯並びの乱れにより物が噛みにくい」といったお悩みがある方には、矯正治療をおすすめします。歯並びの乱れは見た目に影響を及ぼすだけでなく、ブラッシングがしづらく虫歯や歯周病のリスクが高まる、発音がしづらいといったデメリットがあり、口腔内だけでなく全身に悪影響を及ぼすケースもあります。

堺市の歯医者「河田歯科」では、受診者の方々それぞれのお悩みをしっかりお伺いし、もっとも適切な治療法をご提案しています。気になる歯並びや噛み合わせがありましたら、早めに受診しましょう。

歯並びの乱れは身体にも影響を及ぼします

歯並びの乱れにより、以下のような問題が起こる場合があります。

虫歯や歯周病 歯並びが乱れていると、ブラッシングが行き届かず食べカスなどが口腔内に残りやすくなって虫歯や歯周病の原因となる場合があります。
口臭 ブラッシングが行き届かないことでプラークや歯石が口腔内にたまり、それが原因で細菌が繁殖し口臭の原因となります。
消化不良 しっかり噛むことができず、食べ物を十分に噛み砕かないまま飲み込んでしまうことで消化不良が起こり、胃腸に負担がかかります。
発音障害 歯と歯の間から空気が漏れたり、正しい舌の動きができなかったりして、発音がうまくできなくなることがあります。
性格 出っ歯や受け口などがコンプレックスになることがあります。自由に笑ったりしゃべったりすることができなくなり、内向的な性格になってしまうケースも少なくありません。

部分矯正(プチ矯正)

問題のある歯だけを部分的に動かす矯正です。
問題のある部分だけの矯正ですので、全歯に行う矯正に比べ、ワイヤーのかける部分が
少ないので当然痛みも少なく費用も抑えられます。

症例
  • 症例
  • 症例

症例

とても目立ちにくい装置でのプチ矯正です。
期間はおよそ12ヶ月 です。

見えない矯正「インビザライン」で矯正治療をしてみませんか?

見えない矯正「インビザライン」で矯正治療をしてみませんか?

インビザラインとは、米国アライン・テクノロジー社が開発したマウスピース型の矯正装置です。多くの臨床データに基づいた精密なシミュレーションを行い、効率的に歯を移動させて歯を矯正します。インビザラインには、他の矯正装置にはないさまざまなメリットがあります。

インビザラインのメリット

Merit01手軽に使える

簡単に着脱可能です。食事やブラッシングの時には取り外しができます。

Merit02取り外しができるため衛生的

装置の取り外しができるため、ブラッシングがしやすく虫歯や歯周病になりにくくなります。また、装置は取り外してお手入れできるので、衛生的です。

Merit03透明で目立たない

透明のマウスピースなので目立ちません。矯正していることを周囲の人にほとんど気付かれません。

こんな方におすすめ

こんな方におすすめ

  • 歯の重なり具合がひどくない方。
  • 1日20時間以上装着できる方。
  • 歯の根の移動が必要ない方。
  • 顎の位置が前後左右にずれていない方。
インビザラインの注意点
  • 適応できない症例があります。
  • 従来の矯正装置よりも治療期間が長くなる場合があります。

診療予約はこちらから当院はご来院の方々をお待たせしないよう、予約制となっています。
診療予約はお電話にて受け付けております。072-223-1770 受付時間(月~金)9:30~12:30、14:30~18:30 (土曜日)9:30~12:30 休診日 土曜日午後 日曜 祝日